建築設計におけるコンピュータの活用に関する研究

建築設計においてコンピュータをはじめとした様々なデジタルツールの活用方法について研究しています。BIM対応CADを利用した建築エスキス手法の提案やBIMのモデルを活用した3次元実施設計図書の作成に関する研究、環境解析ソフトの設計初期段階における活用方法などの研究を行ってきました。

建築情報共有のためのウェブシステムに関する研究

建築協調設計システム“Design-Community”の開発、運用、評価、改善を行っています。協調設計における情報共有や交換を支援することを目的としており、このシステムによって遠隔地間の建築協調設計実験も行ってきました。

設計方法・設計過程に関する研究

建築設計の特有の思考の特徴やプロセスを明らかにすることを目指しています。意匠設計者と施主の打ち合わせに着目し、施主の要望と設計案の変化の関係について考察する研究や、建築設計における学生と建築家の思考プロセスの特徴やその差異について考察した研究を行いました。